神社名
稲荷神社

御祭神
宇賀稲魂命

例祭日
10月2日

鎮座地
〒028-4301
岩手郡岩手町大字沼宮内11-5-5

連絡先
0195-62-5003(宮司宅)

由緒
 今を去る約460年、享禄年間(1528~1531)俵藤太秀郷、6族の1たりし河村治部秀郷氏白掛の仮城(現在大字御堂小原木附近、東北本線東南よりの山腹地帯)より氏神稲荷大明神を奉じて北上川沿下、約半里の城山に居城を築き、その麓隅平地に稲荷神社を祀り、併せて沼宮内町を開いたと伝えられる。神社唯一の遺歴たる境内手洗水石鉢には明和元歳(約240年前)なる年号が鮮やかに歴史の彼方を偲ばしめ、社礎漸く固まり成せるを想わせる。