siwahuru

神社名
志和古稲荷神社

御祭神
宇迦御魂命

例祭日
旧9月9日

鎮座地
〒028-3442
紫波郡紫波町升沢字小森108-1-1

連絡先
019-673-7903

由緒
 神社の御創祀は年代不詳。この地方一帯を領知していた斯波氏の厚い崇敬を受けられた以前のことは不明であるが、御創建の往古にあった事は一見社名に知られ、ことに古く本宮と称し、修験道を以て世襲した祀職が明治維新まで本宮寺と称したことに依っても明らかである。
 藩主南部利直公以来、数回社領の御進献あり、歴代藩主事大小と無く祈願を籠められ、藩主の親拝・代拝すこぶる頻繁であり、修理一に藩費に出ていたのである。
 かの志和稲荷両社といい、志和両社街道と称し、志和稲荷社と相並び鎮まり、藩主よりは両社全く等しい御崇敬を捧げられ、御待遇の上にも曽て切り離されたお取り扱いがなく、規模大ならざる当社が、いかにその由緒の深遠なるものであるかを物語るものであり、公に領内稲荷社の第二位に列せられてあった。