yasa

神社名
八坂神社

御祭神
須佐男命
保食神

例祭日
9月15日

鎮座地
〒025-0041
花巻市膝立観音山1

連絡先
0198-28-3361(宮司宅)

由緒
 大同年間(806-809)坂上田村麻呂が蝦夷平定のためこの地に来り円万寺の山を見給い、これは誠に霊地なり、戦勝後観音を勧請せんと仰せられ、その印に杉二本を自ら植えられ、祖父杉・祖母杉と名付けた。
 康平(1058)の頃、源義家公が安倍一族退治の時、当山に陣どられ、戦勝したので鏑矢二本窟内に納め置き、矢立の杉とも称した。その後、祖父杉は宝永(1704)の頃雷火にて焼失し、他の祖母杉も天保十年(1839)正月の火災により現在五分の一が残っている。
 田村麻呂東奥に下り蝦夷を悉く攻伏凱旋。又々円万寺に立寄り観音を勧請せんとするに、この時まで乗っていた芦毛の駒、度々の戦場に疲れ、病に伏したれば将軍大いに心を痛め、わが戦場にて度々功名ありしはこの馬の働きにあり、この馬の安全を祈らんと、馬頭観音を勧請したれば馬は回復し、それより帰国せり。因みに馬が膝を立てたということによりこの地名を膝立という。
 明治三年(1870)矢川の地から遷した八坂神社に駒形の神を合祀し、悪疫退散、五穀豊穣の神として尊崇され現在に及ぶ。