eduri

神社名
江釣子神社

御祭神
少名彦名命
大山祗命
品邪和気命
伊邪那岐命
伊邪那美命

例祭日
9月19日
4月3日(火防祭)

鎮座地
〒024-0073
北上市下江釣子16番192号

連絡先
Tel 0197-63-2907
Fax 0197-63-2900
(諏訪神社社務所内)

由緒
 嘉禄元年(1225)下江釣子に安妻宮禰誼の五郎という者(藤原五郎基常)がいた。彼の一子六郎は長く病に患って回復の様子がみえなかった。 ある夜「長瀬の渡船場西(鑓水の小屋板)で釣りをすれば病も治る」という霊夢があった。五郎はそれに従い和賀川で釣りをしたが何も釣れなかった。突然、河中が振動し光明が見えたので釣り糸を引き上げると、赤銅の観音像が針についていた。
五郎は、それを持ち帰り仮宮を造り祀った。間もなく六郎の病も全快した。
 これを聞いた領主の和賀式部大夫忠明は、すぐに堂を建立し、江瀬釣光大明神として祀り、和賀家の御祈願所と定めた。また五郎には江釣子の姓を与えた。その後、十一代江釣子民部の時、岩崎城の戦いがあり堂も消失した。
 宝暦2年(1752)社殿を再興し江釣子大明神として祀られ現在に至っている。

 五穀豊穣・産業発展・氏子の安泰を祈り、火防祭・例祭日には祭祀の後、神幸祭が執り行われる。