matuo

神社名
松尾神社

御祭神
大山咋命
金刀比羅神

例祭日
9月12日

鎮座地
023-1341
奥州市江刺梁川字藤渡戸446-2

連絡先
0197-37-2002

由緒
 本社創建年代不詳。
 元来この地に金刀比羅神を祀れる堂宇があって、旧野手崎村の氏神として崇敬したが、文治年間(1185-1190)奥州守護職葛西氏一族祈願のため社殿を改築し、大山咋命を合祀せり。
 近世に至って元禄二年(1689)野手崎村の酒造家及川晋右衛門の祖が社殿改築し、松尾大神、金刀比羅神のご神体を奉納。宝暦三年(1753)地頭小梁川氏領内鎮護の神として深くこれを崇敬し、祈願奉幣あって信徒益々加わり、酒類・醤油その他醸造の祖神として近郷に知られ、祭日には殷賑雑沓を極む。
 明治六年(1873)五月、村社に列される。明治二十四年(1891)五月、野手崎駅の火災により当社殿類焼し、神器、棟札等一切灰燼に帰す。現本殿は同年十一月再建。