神社名
御嶽山御嶽神明社

御祭神
天照大神、御嶽大神〈国常立尊・大己貴命・少彦名命〉

例祭日

春季:旧暦3月10日(例祭)

秋季:旧暦9月10日(大護摩祈祷火渡祭開催)


鎮座地
一関市花泉町老松字水沢屋敷161番地2

連絡先
0191-82-3382

由緒
創始年代は不詳ですが、安永4年(1772)の記録「峠村風土記」によると、現在の鎮座地に天照大神をまつる「小宇名神明社」があり 、流郷(花泉地域)の総合祈願所として信仰をあつめてきました。明治維新以後一時衰微しましたが、明治39年(1906)、佐藤勇蔵(勇嶽霊神)が木曽の御嶽山より御分霊を鎮座して再興、昭和20年以後「御嶽山御嶽神明社」と改称し、今日に至っています。現在の社殿は昭和53年(1978)に改築されました。