神社名
熊野神社

御祭神
神魯岐命
稲田姫命
五十猛命

例祭日
旧8月18日

鎮座地
〒029-2204
陸前高田市小友町字矢ノ浦14-1

連絡先
0192-56-2160(宮司宅)

由緒
 文治年中(1185-1190)和歌山県(紀伊国)東牟婁郡弘市村佐藤藤太という人、源義経の奥羽に降り夷賊征討に当り加勢最も力あり、当時小友村字腰廻の地を卜して熊野社を守本尊として勝を奏せんがため勧請し、古来宝物として代々保管したる中に源義経の着たる鎧「前ひころ」と伝わるもの一枚あり、先祖帰命院宥円は羽黒修験者にして康安年中(1361-1362)より子孫当社の別当をなし社務に従事したることは代数教書により明らかなり。その当時既に勧請しておること判然なり。先祖開山法印帰命院宥円の代(至徳二年-1385)矢ノ浦の地に遷宮し二十三世六百年今日に及んでいる。